呼吸器学会をTwitterで盛り上げようハッシュタグ#19JRS

こんばんは。
いよいよ始まった呼吸器学会初日!

編集部員は恥ずかしさを抑えて,フライヤーをカバンに貼り付けてウロウロしておりましたが,国際フォーラムの構造上の問題のせいか,どなたからもお声かけいただくことができませんでした。涙

まだウロウロが足りない?
いや,むしろどこか固定で座っていたほうがよい?

明日はミーティングなどあるため,あまりウロウロできないかもしれませんが,
お声かけくださいませ!

と書いて気づきましたが,声をかける方も勇気が入りますよね。
合言葉とか必要でしょうかね???

「呼吸」
「臨床」

って一瞬思いましたが,「呼吸」も「臨床」も学会中でたくさん交わされる言葉だからダメですね。。。

ここはやっぱり
「犬」
「桃」
でしょうかねー!
親バカでした〜。

はい,そんな合言葉ですが,Twitterで学会を盛り上げようハッシュタグができております。
#19JRS
です。

呼吸臨床Twitterでも固定表示で


Twitterハッシュタグ #19JRS で呼吸器学会総会を盛り上げよう!
目指せ4万ツイート!日循のツイート数を超えられるか?
呼吸臨床もメディアとして外側からですが応援いたします!
メインの拡散方法は
ーーー
#19JRS
演題番号
◯要約
●気づき
ーーー
Welcome to リツート&いいね!皆で拡散♪


とトップに表示させておりますので,ご活用くださいませ!

明日からの呼吸器学会では目立ちます。

呼吸臨床フライヤー201804.png

 

こんばんは。
裏ブログということで,呼吸臨床とは全く関係ないことを書くブログのつもりですが,さすがに今夜だけは前夜祭です!

はい,明日から呼吸器学会総会ですねー。
仕事に追われて今頃バタバタしております。

少人数,地味なジャーナル「呼吸臨床」がどうやったら他社さんより目立つか!
目下,それが重要課題です。

ということで,体張ります!
はい,この青い目玉のフライヤーくっつけて歩きます!
でも,背中はやっぱり恥ずかしいな…

カバンにくっつけるか,手で持ってぷらぷらぶら下げるか。
一応,ラミネート加工は先ほど終わりましたので,ピカピカでございます。

そんな若干恥ずかしそうにフライヤーを持っている編集部員を見かけたら,お気軽にお声掛けくださいませ〜。何話すんだー???
ちなみに編集部員は実は人見知りなので,一方的にじゃんじゃん話していただけるとありがたいです!

よろしくお願いいたします。

呼吸臨床編集室
編集部員YT

谷中の桜

2019-04-03 17.40.29.jpg
めずらしく連投です。
愛犬散歩がてら行った谷中の桜が綺麗でした。

最近,忙しすぎて病みそうだったので,今日は午後だけお休みをいただきました。
たまには休んでもいいでしょう。

最近思うこと。
至急といっても放置しても案外大丈夫だったりするってことですかねー!
そうやって取捨選択されるものなのかしらと。

イギリス人の抑えるところはしっかり抑えて,ほかは切り捨てる,あれ見習いたいです。
大英帝国を築いただけあるんですよ,イギリス人って。

日本人はよくも悪くも細かすぎますね。
流れの速い世の中で,これはむしろデメリットになっている気がします。

休んだ言い訳でした!

死海からエルサレムへ

2018-08-12 11.23.24.jpg

こんばんは。
とうとう新元号が発表されましたね。
「令和」

知り合いが,「ビジュアル系バンドの人の名前にありそうで,素敵〜♪」と言っていました。
そうきたかー!!爆

ところで,イスラエル旅行記ですが,いよいよ最終滞在都市エルサレムに入りました。
途中は死海の眺め。

ごゆるりとご覧ください。
写真とキャプションだけ読んでもいい感じですよー。

死海を眺めてエルサレムへ:古都にも素敵なJazzがあった イスラエル旅行記vol7

写真はエイラート-エルサレム間のバスで隣に座ったおじさまを撮影。
日本に5年住んでいたらしく,日本語がかなりできました。親切にしていただきました!ありがとうとうございます。

 

ペトラ遺跡はただ暑い

2018-08-11 13.13.27.jpg

こんばんは。
忘れた頃にやってくる,イスラエル旅行記のアップです!
(私が運営しているわけではありませんよ)

今回はペトラ遺跡です。
イスラエルのお隣の国,ヨルダン。

砂と岩の遺跡,ヨルダン・ペトラ遺跡:アカバボーダーを越えて イスラエル旅行記vol6

おそらく,男性のほうが好きそうですね,ここは。
ああ,ひたすら暑かったことを思い出しました。

夏ももうすぐですかねえ?

 

路上ライブ

2018-08-13 19.57.27.jpg

こんばんは。
びっくりしました。3月投稿はこれが初だったとは。
ずいぶん間が空いてしまいましたね。

今週はあまりにも怒涛の1週間で,メールのお返事など遅くなっておりますこと,お詫び申し上げます。

本当にここだけの裏話ですが,実は編集部員は先週日曜に,な,なんと!
路上ライブをやってみました!
もちろん,合法的なものです(某市のミュージシャン登録をしてみたのでした!笑)。

しかし,路上でやるのって箱でやるのとは全く違います。
音楽を楽しむ本来のあるべき姿を改めて感じたのでした。

開放的で気持ちよかったですよ!
花粉症にはつらいけど…

(写真はエルサレムで撮影した路上ライブです!)

マチネの終わりにとバッハ

67b0e02963946e3209702c7d040c6b00_s.jpg

こんばんは。
発表会の前夜にチェロの演奏聴いてすっかり現実逃避中です!

実はつい先週,平野啓一郎の「マチネの終わりに」を読んで以来,バッハブームがきておリます。
本書はクラシックギタリストが主人公で今年の秋には福山雅治,石田ゆり子主演で映画化もされるそうです。
ということで,クラシックギター業界が今,色めきだっています。
再びクラシックギターブームがくるんじゃないかと。

本書の中では,バリオスの「大聖堂」がキーとなる曲になっています。
私の師匠は「大聖堂」を学生時代以来,人前で再び弾き始めたそうです。笑

しかし,私個人としては,この本ではむしろバッハが重要なんじゃないかと。
J.S.Bachといえば,当然誰でも知っておりますが,いざ自分で演奏するとなると???が多い。
ロマン派あたりですと解釈がしやすいのですが,時代が遡るとどう解釈していいのやら
??
(って音楽理論的にどうこうじゃなく,表現としてですが)

ということでまずは無伴奏チェロ組曲の名演のCDの聴き比べから入ることにしました!
そもそもバッハをクラギでやる意義があるのか,どうなのか?
クラギはクラシック音楽の中ではとっても新しい楽器ですので,それをどうバッハと結びつけるのか?
そんなのプロでも悩ましいところでしょうが,まったくわからないよりは,0.1でもバッハをかじりたい,そんな気分です。

目指すは無伴奏チェロ組曲第1番のプレリュードですね〜。
ああ,いつになることやら。